プロフィール

ENTAKU 主宰 高橋なぎさ

 

歯科医師  

老年歯科医学会及び摂食嚥下リハビリテーション学会所属

NPO法人摂食介護支援プロジェクト研修修了

介護食士 健康咀嚼指導士 日本糖尿病協会登録歯科医

こんにちは!

ENTAKU The hearty meal  主宰の高橋なぎさです。

私は祖父や母の兄妹たちに囲まれて笑いの絶えない賑やかな環境で育ちました。我が家は何故かいつもお客さまがいらしていて母がまめまめしく動き回っては食事の準備をし食卓の風景はとても明るく楽しく笑い溢れるものでした。

こうした環境が今の私のベースになっていることは確かです!

私がこの活動をしていこうと思ったきっかけはとても小さな出来事でした。

担当していた在宅患者さんのお宅で義歯の治療をしていく中で『お肉好きな母にお肉を食べてもらいたい』というお嬢様の気持ちを伺いました。

大学の頃から料理教室に通っていた私は、その時自分なりのアイデアをお話しして帰ってきました。

次回お伺いすると開口一番に『母がねぇ美味しいってお肉を食べたんです、嬉しかったよね、お母さん』とおっしゃったのです。

本当に嬉しかった!その時の気持ちは今でも忘れません。

その時、あー、私のこんな小さなアイデアでこんなにも喜んでくださる方がいるんだ、小さな小さな幸せ(笑顔)をお届けすることができるんだと思い、大変な介護の中で少しでも笑顔になってほしい、笑顔溢れる食卓を囲んでほしいと強く思いました。

それには摂食(食べること)嚥下(飲み込むこと)をしっかり学ばないといけません。

時間が許す限り摂食嚥下に関する講習会へ行き、また調理師学校で福祉調理を学び何とか形にできるようになってきたのかなと思っています。

おじいちゃんもおばあちゃんも孫もみーんな同じものを!笑顔溢れる食卓を!をコンセプトに少しでもお役に立つ情報をお届けできれば本当に嬉しいなと思います。

 

また今後ますます高齢化の時代がやってきます。

外食だって時には楽しみたい!そんな時代が普通にやってくるのではないでしょうか?

共稼ぎの中また単身での介護も当たり前になるのではないでしょうか?

デパートやスーパーで少しでも食べやすいおかずが売っていたならばどれほど助かるか

みんなの笑顔を思い描いて。。。そんな暮らしを、そんな社会を目指していけたなら、そんな社会の片隅にいられたなら。。。